忘却の門

オブリビオンの二次創作の小説サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第10話 マーティン の 答え

なんとか片付いたな…
ハワードに逃げられた後、アリーレと共に、隊長に合流した俺は、なんとかディドラの群れを蹴散らした。

「君達の協力感謝する」
聖堂に戻ると、マティウス隊長が俺達に感謝の言葉を述べた。
「いやいや、当然の…」
アリーレの話が長くなりそうなので、マーティンの元に行ってみる。

どうだ?答えは何だ?
「クヴァッチを救った君がとても嘘をついてるとは思えない…君を信じる事にするよ」
なら…
「行こう、ウェノイン修道院へ」
ああ、行こう!

アリーレや隊長達に別れを告げ、俺達はクヴァッチを去りウェノイン修道院へと向かったのだが…

ウェノイン修道院は既に敵の攻撃を受けていた。
「これは…」
どうやらお前を狙っているようだな…

「貴様も死ね!」
暗殺者が俺達に向かって来たが、剣で切り倒す。
「馬鹿な…」
雑魚が主役に勝てる訳がない…!とりあえず…ジョフリーを探さなければ…

ジョフリーは修道院の離れにある礼拝堂に居た。
そして暗殺者達の群れをジョフリーは軽々と一本の刀で斬っている。
何と凄い力だ…助ける間もなく暗殺者達は全滅した。

ジョフリー、殿下を連れて来たぞ
ジョフリーに声をかける。
「君は…!すまない、感謝する。」
アミュレットは大丈夫なのか?
「ピナールが守っている…急ごう!」
アミュレットとピナールの様子を見に、俺達は修道院内へと入ったが…
そこには荒らされた内部とピナールの死体があった。

「なんて事だ…アミュレットも奪われている…」
そんな…

「だが、まだ希望はある」
マーティンか
「ああ…マーティン殿下、我がブレイズの本拠地へと参りましょう」
マーティンはまだ状況が飲み込めずに困惑していたが、頷いた。
「なら、行きましょう…クラウドルーラー寺院へ!」
スポンサーサイト
  1. 2009/08/31(月) 18:22:01|
  2. オブリビオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<番外2 ディドラプリンスの会合2 | ホーム | 第9話 破壊 の 申し子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nillmut.blog83.fc2.com/tb.php/13-f78378fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。