忘却の門

オブリビオンの二次創作の小説サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第19話 見失う 自分


ハワードが裏切り者だと…?

「まさか…こんなに早くばれるとは想定外だったな」
「私を騙せると思ったのか?」
「いや…まあ、計画を早く実行させなきゃな…」
ハワードが教祖と思われる男に光弾を放つ!
しかし、男は杖から魔法の盾を展開させてそれを防ぐ…

「貴様程度じゃ私は倒せんよ…」
「チッ…使うしかないのか…」

…俺、もしかして来るタイミング間違えた?
そんな事を考えてると…
「ジョン!君も参加するか?」

なに!?ばれてるだと?
「もしや…この波動…破壊の申し子様か!?」

なんだ?俺はそんなんじゃないぞ?
隠れてもしょうがないので、俺はハワード達の所へと降りた。

「やはり…破壊の申し子!」
だから違う!勝手な妄想押し付けるな!
「いや、ジョン…マンカーの言う通りだ。君はディドラプリンスによって…」
「大変です!キャモラン様!」

「なんだ?」
「ブレイズの大群が!」
何!?ジョフリー達が…

「くっ…話の続きはまた今度だ!」
おい!待て、ハワード!
ハワードは足元に魔法陣を展開し、目の前から消えた。

「チッ…移送法陣か…逃がさぬ!」
マンカーも続いて魔法陣を展開させ、消えた。

くそ……俺は…誰なんだ?
スポンサーサイト
  1. 2009/11/15(日) 20:29:08|
  2. オブリビオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ディドラプリンス侵略編 プロローグ | ホーム | 第18話 ディゴンとジョン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nillmut.blog83.fc2.com/tb.php/24-41cccaff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。