忘却の門

オブリビオンの二次創作の小説サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DP侵略編 エルスウェーア1

エルスウェーア、首都ノータブルパレス。
ここでは腐敗したカジート達を救う為に立ち向かっている男がいた…

ここはウォルザール屋敷。ここの主、ウォルザールはカジート達を救う為、スクゥーマ中毒を治療する方法を探していた。

「うーむ…なにかいい方法は…」
「旦那様。シロディールには我等と同じ志の者がいるとか」
シロディールか…いちど行ってはみたいが、私にはこの屋敷と…私が留守をしている間にウォルガドーラの奴が何をするのか分からぬ。
「ええ…¨草¨の方にウォルガドーラの動きを調べさせておきます」
ああ、頼むぞ

ウォルガドーラ…奴は不審な動きがたえない…奴の部下ときたら…街の者に金を貸して不当な請求をするとか…
スクゥーマ取引もあいつが扇動してると聞いたが本当なのだろうか…


すこし、出かけてくる
「いってらっしゃいませ」
私は家を出て街に向かった。

街は不穏な噂ばかりだ…やれスクゥーマだの、やれ戦争だの…エルスウェーアに平穏はもうないのか?

「聞いたかい?」
「またあのお方が金を我等にくださった」
「まったくゴールドフォックス様万々歳だよ」
ゴールドフォックス…金持ちのみを狙う盗賊の事か。スラムの人々に金をばらまいてると聞いたが、どうやら本当に居るみたいだな…

どうなるのだエルスウェーアは…
スポンサーサイト
  1. 2009/11/22(日) 19:01:49|
  2. オブリビオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エルスウェーア2 | ホーム | ディドラプリンス侵略編 キャラクター紹介>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nillmut.blog83.fc2.com/tb.php/27-1a55da48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。